運営

石臼挽きそば古代村へ

携帯アクセス用QRコード

随想男鹿川・炭太祇

薄闇での釣り技を覗き見していたとき。 木化して長竿を振る姿には本物の気配漂う。   大水にも負けず流れが極端に変化しない場所。 名残惜しそうに竿を振る釣人が映れば更に美しき風景。   吊り橋が蘇れば尚美しいかなとも思う。 […]

随想男鹿川・渓魚たちが動く季節、

渓漁たちが動き回る季節がやって来ました。  春の柔らかい日差しを待っていたのは渓魚たちだけでなく、    山々の木々も春の訪れを、      枝の先から新しい葉や花を咲かせ、山菜が顔を出し始めています。 今度の男鹿は流れ […]

春を待つ男鹿川

例年になく こっざみぃ春ですが 確実に暖かくなっています […]

Page 8 of 8« First...45678